Tamanoi Lab, iCeMS, Kyoto University


Welcome to Tamanoi Lab!

We research on nanoparticles and cancer therapy. Nanoparticles are attractive materials for delivery of anticancer drugs. We are focusing on mesoporous silica nanoparticles (MSN) that could contribute to prevention of side effect of cancer chemo therapy. MSN has a drug loading capacity and enables specific drug accumulation. We are also developing chicken egg tumor model.

京都大学高等研究院iCeMS玉野井グループへようこそ。私たちはナノ粒子と呼ばれるとても小さな粒子とがん治療についての研究を行っています。ナノ粒子の中でも、多くの孔(穴)を持つ多孔性シリカナノ粒子は、抗がん剤をがん細胞に集中して届けることができ、抗がん剤の副作用を軽減することが期待されます。また、がんの鶏卵モデルを開発中で、将来的に患者由来のがんモデルとして使用することをめざしています。

News!!! UCLA-Onsite Laboratory

UCLA-Onsite Laboratory "Quantum Nano Medicine Research Center" was approved as one of the Kyoto University Onsite Labs recently. See the announcement by Kyoto University (http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/about/events_news/office/kikaku-joho/kikaku/news/2019/190723_1.html ).

This center, one of the onsite labs within the Institute for Integrated Cell-Material Sciences (iCeMS), will initiate activity on October 1, 2019 and aims to advance a new field of research that emerged from the fusion of physics and medicine.

Professor Tamanoi will coordinate this center activity.


”量子ナノ医療研究センター”がUCLAと京都大学の On-site Laboratory に認定されました。(http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/about/events_news/office/kikaku-joho/kikaku/news/2019/190723_1.html

玉野井教授が中心になり、量子ナノ医療研究の学術交流、またUCLAをはじめとした海外の研究機関との交流、研究を進めていく予定です。

▼Mesoporous Silica Nanoparticles (MSN) : 130 nm in diameter, 1400 pores/particle

1つの粒子の直径は130nmほどで、約1400の孔があります。

▼Biodegradable Periodic Mesoporous Organosilica (BPMO)

生分解性を持ったシリカナノ粒子を開発しています。

▼Our recent publication relating to this topic

以下は、関連する最新の論文です↓↓


ACS Applied Nano Mat open access 2019.pdf

▼The chicken egg tumor model

鶏卵のがんモデルの開発を行っています。

▼Patient derived tumor model

がん患者から採取した腫瘍のサンプルを使って、鶏卵に腫瘍を形成します。

▼Collaborating with Prof. Muto

この実験は京都大学大学院医学研究科腫瘍薬物治療講座の武藤学教授にもご協力いただいております。

武藤研究室ホームページWebsite of Muto Lab. (only in Japanese)

▼Boron Neutron Capture Therapy(BNCT)

10BPAを載せたナノ粒子をがん細胞に蓄積させ、中性子を照射します。10BPAが放出するα線によって、がん細胞を死滅させます。

▼Experiment room

iCeMS研究棟3Fで実験を行なっています。

▼Making MSN Place

ここでMSNをつくっています。